FXキャンペーン 税金

FXキャンペーンで稼ぎ過ぎた場合の税金に関する注意とは?

まずみなさん一時所得という所得区分をごぞんじでしょうか?キャッシュバックは一時所得の扱いとなりますからまずはその仕組みを確認してみましょう。

 

国税庁の一時所得のページから一部引用すると、

 

  • 懸賞や福引の賞金品(業務上受け取ったものは除く)、競馬や競輪の払戻金
  • 生命保険の一時金・損害保険の満期返戻金
  • 法人から贈与された金品
  • 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の報労金

 

といった条件が記載されています。また、一時所得は特別控除額が最高50万円として設定されている他税率計算も有利です。

 

一方で、雑所得(FXによる利益などと同じように)として扱われるというケースもあるようです。

 

ネットで調べても断言しているところがありませんが、その理由として税務署によって判断が分かれることもあるといわれています。また、FX業者の中でも自社のキャンペーンを一時所得ととらえているところもあれば、雑所得となるととられているところもあるようです。

 

対処法としては、雑所得の控除額である20万円以内であれば申告不要、それを超える場合は税務署へ相談するというのが確実です。その他の所得で確定申告が必要になった場合は、20万円以内であっても申告を行わなければなりませんからご注意ください。

 

>>全FXキャンペーンの総合ランキングはこちらのページからどうぞ<<


FXキャンペーンに税金がかかる?たくさん稼いだら【税金に注意が必要】関連ページ

入金額がクリア条件の場合の注意
FXキャンペーンの中で入金がクリア条件に設定されていることがあります。一般的に10万円程度でいいところが多いのですが、中にはもっと多い金額を要求する場合もあります。また、入金額が多いほどキャッシュバックが多くなる業者も。
取引回数・取引数量がクリア条件の場合の注意
取引回数によってキャッシュバックが決まるタイプのFXキャンペーンについての注意をいくつかご紹介しておきます。まず、取引する通貨とそのスプレッドを調べて、その回数分取引すると最低限何円になるかという計算をしておきましょう。
自動売買システムを使う場合の注意
FXの自動売買は、最近だと専門的な知識がなくてもできるシステムを選ぶタイプの業者が増えています。しかしキャンペーンのときは要注意です。自動売買で何回かトレードするといっても必ず+になるとは限りません。初心者はより慎重に。

トップページ 一覧表 総合ランキング よくある質問 初回取引で1,000円